「AI日常化挑戦する会社」

流体解析用ソフトウェア「OpenFoam」

 

年度末納品可能モデル

 

 

 

OpenFoam 概要

「OpenFOAM® 」は、無料、オープンソースの流体解析用ソフトウェアで2004年にOpenCFD Ltdにより開発・リリースされています。 工学及び科学のほとんどの領域にまたがる、商用及び学術領域の多くの方に利用されています。 OpenFOAMは化学反応、乱流、熱伝導を含む複雑な流体の流れから、音響学、固体力学、電磁気学に至るまであらゆる問題を解決するための広範な機能があります。

特徴の一つにテンソル解析や偏微分方程式に似た文法を用います。 オブジェクト指向プログラミングと利用者定義演算子により実現された文法により、比較的容易にソルバーを作ることができます。 また、作成済みのソルバーも多数用意されていて、ポテンシャル流れの計算、移流拡散方程式の計算、熱流体解析、電磁流体解析、分子動力学計算、応力計算などが可能です。

また、大規模並列計算にも対応し、クラスタを用いた流体解析も可能です。そのため、幅広い分野で、よりご自身の研究にフィットした、自由度の高い解析が可能です。

OpenFoamでできること

01ソルバーのカスタマイズが比較的容易

オブジェクト指向プログラミングと利用者定義演算子により実現された文法により比較的簡単にカスタムソルバーを作成することができます。

 

02標準ソルバーの充実

ポテンシャル流れの計算
移流拡散方程式の計算
圧縮性、非圧縮性の熱流体解析
多相流体解析
電磁流体解析
燃焼解析
粒子追跡計算
分子動力学計算
応力計算
ブラック-ショールズ方程式の計算

これらのソルバーが標準で利用でき、気体・液体・固体・プラズマ関係なく計算可能です。

標準ソルバーの充実
 

03クラスタによる計算も可能

中・小規模クラスタによる高速化にも対応しているため大型ワークステーションを設置するスペースが取れない場合やワークステーションの騒音でお困りの際にもクラスタモデルで対応できます。

クラスタによる計算も可能
 

04コストの低減

元々オープンソースですので、ライセンス料はかかりません。

コストの低減
 

05様々な分野で利用可能

流れるものであればどの分野でも応用可能です。

 
様々な分野で利用可能 様々な分野で利用可能
 

OpenFoam向けのHPCをいくつかご用意しております。

 

CERVO OpenFOAM Type-I

3週営業日~出荷 3年間センドバック方式ハードウェア保証

オペレーティング・システム Ubuntu 18.04LTS 64bit
プロセッサー インテル® Xeon W-2145
メモリー 128GB (16GBx8) DDR4-2666 Registered-ECC
ストレージ 1TB M.2 NVMe, 4TB HDD
光学ドライブ DVD スーパーマルチ
ネットワーク Intel® I219V 10/100/1000BASE-T Gigabitイーサネット
グラフィック NVIDIA® Quadro® P4000 8GB-GDDR5
電源ユニット 900W 80 Plus Gold認証