「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

「OpenFOAM® 」は、
無料、オープンソースの流体解析用ソフトウェアで2004年にOpenCFD Ltdにより開発・リリースされています。
工学及び科学のほとんどの領域にまたがる、商用及び学術領域の多くの方に利用されています。

OpenFOAMは化学反応、乱流、熱伝導を含む複雑な流体の流れから、音響学、固体力学、電磁気学に至るまであらゆる問題を解決するための広範な機能があります。

OpenFOAM®

「OpenFOAM® 」は、無料、オープンソースの流体解析用ソフトウェアで2004年にOpenCFD Ltdにより開発・リリースされています。 工学及び科学のほとんどの領域にまたがる、商用及び学術領域の多くの方に利用されています。

OpenFOAMは化学反応、乱流、熱伝導を含む複雑な流体の流れから、音響学、固体力学、電磁気学に至るまであらゆる問題を解決するための広範な機能があります。

OpenFOAMとは

OpenFOAMでできること

OpenFOAMでできること
OpenFOAMでできること

01ソルバーのカスタマイズが比較的容易

オブジェクト指向プログラミングと利用者定義演算子により実現された文法により比較的簡単にカスタムソルバーを作成することができます。

02標準ソルバーの充実

ポテンシャル流れの計算
移流拡散方程式の計算
圧縮性、非圧縮性の熱流体解析
多相流体解析
電磁流体解析
燃焼解析
粒子追跡計算
分子動力学計算
応力計算
ブラック-ショールズ方程式の計算

これらのソルバーが標準で利用でき、気体・液体・固体・プラズマ関係なく計算可能です。

標準ソルバーの充実

03クラスタによる計算も可能

中・小規模クラスタによる高速化にも対応しているため大型ワークステーションを設置するスペースが取れない場合やワークステーションの騒音でお困りの際にもクラスタモデルで対応できます。

クラスタによる計算も可能

04コストの低減

元々オープンソースですので、ライセンス料はかかりません。

コストの低減

05様々な分野で利用可能

流れるものであればどの分野でも応用可能です。

様々な分野で利用可能 様々な分野で利用可能

Item List製品一覧

Actual ListHPC 製品 導入実績一覧

  • 旭川大学
  • 北見工業大学
  • 北海道工業大学
  • 北海道大学
  • 青森大学
  • 仙台大学
  • 東北大学
  • 東北工業大学
  • 芝浦工業大学
  • 横浜国立大学
  • 千葉工業大学
  • 筑波大学
  • 東海大学
  • 首都大学東京
  • 上智大学
  • 東京工科大学
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 日本工業大学
  • 日本大学
  • 東京工業大学
  • 愛知工業大学
  • 愛知大学
  • 金沢工業大学
  • 金沢大学
  • 明治大学
  • 静岡理工科大学
  • 富山大学
  • 福井工業大学
  • 福井大学
  • 静岡大学
  • 名古屋工業大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 北陸先端科学技術
    大学院大学
  • 和歌山大学
  • 立命館大学
  • 大阪工業大学
  • 近畿大学
  • 奈良先端科学技術
    大学院大学
  • 岡山大学
  • 広島大学
  • 岡山理科大学
  • 広島工業大学
  • 関西学院大学
  • 香川大学
  • 愛媛大学
  • 高知大学
  • 高知工科大学
  • 九州大学
  • 九州工業大学
  • 佐賀大学
  • 熊本大学
  • 大分大学
  • 宮崎大学
  • 鹿児島大学
  • 久留米工業大学
  • 福岡大学
  • 福岡工業大学