「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

AI外観検査


品質確保や形状、寸法や傷といったチェックを行う外観検査は今まで人間の目で行う目視が主流でした。 特徴の抽出をAIが行う事によって導入工数を大幅に削減が可能に!また、識別精度は人間の目視と同様レベルまで実現されるソリューションを紹介いたします。

ファクトリーオートメーションに特化した
ディープラーニング画像分析ソフトウェア

位置決めや検査、分類、OCR(光学文字認識)の工程では従来型のマシンビジョンシステムでは、 予想外の欠陥やばらつきに対応することが難しく、人間が検査せざるを得ない場合がありました。 しかし、VisionPro ViDiは人間による目視検査能力、自動化システムの持つ信頼性、再現性、スピードを組み合わせ、 これまで自動化が難しかったアプリケーションにも対応できます。

少量の正常データで学習して
不良品を検出できる外観検査ソフトウェア

従来の手法では、不良品を検出するために「正常データ」だけでなく「異常データ」を大量に収集し、 学習する必要がありました。それに対して「gLupe®」は、数枚のデータから正常状態の特徴を学ぶため、 大量の異常データの収集・学習が不要であり、製造ラインへの導入コストを最小限に抑え、検査精度の向上を実現します。