「AI日常化挑戦する会社」

可視化


データの数値を色や立体を用いて、状況や現象を分かりやすく表現

 

 様々な分野において、様々な数値、そして単位で集積されるデータ。これらのデータを色や形状、マッピングなど、あらゆる方法で可視化するのが“可視化ソフトウェア”です。

 機械設計エンジニアリング現場での大規模データ、実験・計測機器の進化による気象土木分野や材料分野の現場から出てくる大量の実験データや測定データなど、これらの数値データを取り込み、3次元で可視化した画像・映像を見ることで、現象の把握・共有や伝達速度が早くなり、研究・教育現場や開発現場、プレゼンテーションの場などで広く利用されています。

AVS/Express
モジュール化された様々な機能を
組み合わせることで簡単に可視化

各種解析や自然科学、計測など様々な数値データに対応し、一般的な可視化から、等数値面表示やボリューム・レンダリング表示のような高度な可視化まで、様々なモジュールが提供されており、これらのモジュールをマウス操作で組み合わせるだけで、意のままの可視化を簡単に実現します。