「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

HPC


専門分野におけるシステムを一括導入

 

アプライドのHPCモデルは、科学技術計算向けのCPUを搭載したモデルから、GPUを利用したディープラーニングモデルまで、お客様の用途や計算規模、使用するソフトウェアに合わせ、幅広くラインナップしています。

 また、セットアップなど使用環境の構築も行っているため、届いてすぐに使用することができます。

CAEモデル
コンピュータ上での
シミュレーション及び解析

 CAEとは(Computer Aided Engineering)の略語で、一般的にはCADなどを利用してデザイン・設計されたデータ等を利用してシミュレーション・解析に利用されています。 その利用分野は多岐にわたり、部品設計から建築物の構造解析、無形物の熱や流体の解析など、工学分野を中心に、様々な業界・分野で利用されています。 設計の初期段階で、コンピュータ上であらかじめシミュレーションや解析を行うことで、従来の試作品などのテストや実験に比べ、時間や物理的な部材のロスを少なくできるというメリットがあります。

OPENFORMモデル
小~大規模演算まで可能な
流体計算・解析用ハードウェア

 工学及び科学のほとんどの領域にまたがり、商用及び学術領域の多くの方に利用されている、オープンソースの流体解析用ソフトウェア「OpenFOAM®」。標準のソルバーが充実しており、また、オブジェクト指向プログラミングと利用者定義演算子により実現された文法により比較的簡単にカスタムソルバーを作成することができます。  OPENFORMモデルは、デスクサイドでの使用が可能なモデルから、大規模演算向けのモデルまで、お客様の研究・解析用途に合ったサイズとスペックをラインナップしています。

科学技術計算
科学分野における計算には欠かせない、
高速処理ハードウェア

 物理学や科学、工学分野における数値解析やシミュレーションなどには、それを高速に計算して処理、そして視覚化するハードウェアが欠かせません。  アプライドのHPCモデルは、科学技術計算向けのCPUを搭載したモデルから、GPUを利用したディープラーニングモデルまで、お客様の用途や計算規模、使用するソフトウェアに合わせ、幅広くラインナップしています。また、Linuxのインストール代行サービスや、ディープラーニングを含めた使用環境の構築(セットアップなど)も行っているため、届いてすぐに使用することもできます。

FPGAモデル
あらゆるワークロードを高速化する
アクセラレータを搭載

 FPGA アクセラレータ・カード「XILINX Alveo U50」を搭載するFPGAモデルは、 金融コンピューティング、機械学習、計算用ストレージ、データ検索/分析などあらゆるワークロードに対応し、最適化されたアクセラレーション機能を提供します。ザイリンクスの UltraScale+™ アーキテクチャをベースに構築され、100Gbps ネットワーク I/O、PCIe Gen4、HBM を統合しており、変化するアクセラレーション要件やアルゴリズム規格に柔軟に対応できるほか、ワークロードを高速化することにより、TCOの削減にも貢献します。

可視化
データの数値を色や立体を用いて、
状況や現象を分かりやすく表現

 様々な分野において、様々な数値、そして単位で集積されるデータ。これらのデータを色や形状、マッピングなど、あらゆる方法で可視化するのが“可視化ソフトウェア”です。  機械設計エンジニアリング現場での大規模データ、実験・計測機器の進化による気象土木分野や材料分野の現場から出てくる大量の実験データや測定データなど、これらの数値データを取り込み、3次元で可視化した画像・映像を見ることで、現象の把握・共有や伝達速度が早くなり、研究・教育現場や開発現場、プレゼンテーションの場などで広く利用されています。