「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

プロセッサー

 

ベアボーンとは
パソコンを選ぶ際に大事なのがCPUの性能比較ですが、CPUの2大メーカーであるIntelとAMDの現行CPUだけを見ても数多くのラインアップがあり、スペック表の数値を比較しただけではどれを選べば良いのか悩むこともあります。パソコンの使用目的や設置環境によっても選ぶCPUは変わってきます。

 

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー
インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、データセンター・コンピューティング、ネットワーク、ストレージに求められるハードウェア支援型のパフォーマンスが得られます。 既存の Skylake と比べ、1 コアあたり L2 キャッシュ容量が従来の 256KB から 1MB へと 4 倍増加しています。 レイテンシの少ない L2 キャッシュが増加することで、並列処理の性能が大きく向上します。
インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、Platinum/Gold/Silver/Bronze のラインナップで構成されています。 最上位の Platinum では 2.5GHz/tb3.8GHz で最大 28 コア / 56 スレッドで、2/4/8 ソケット構成をサポート、最大 1.5TB の DDR4-2666 に対応します。 高度な分析、シミュレーションとモデリング、人工知能に対応して最適なパフォーマンスを発揮します。
Gold は最大 22 コア / 48 スレッドを用意し、2/4 ソケット構成をサポート、効率性と俊敏性に優れたワークロードに最適します。 Silverは最大 12 コア / 24 スレッドで、中程度のタスク向けに最適化され、Bronzeは最大 8 コア / 16 スレッドで、軽量なタスク向けに最適化されています。
AMD EPYC™ 7002シリーズ・プロセッサー
AMD EPYC™ は、PCIe 4.0 に対応した唯一かつ初の x86アーキテクチャー・サーバー・プロセッサーです。PCIe 4.0 により、PCIe 3.0 の 2 倍の I/O 性能が可能となります。128 レーンの I/O を使用して、HPC クラスターを結ぶネットワーク帯域幅を 2 倍にし、東西帯域幅に対する貪欲なニーズを満たすことができます。他のアプリケーションのニーズや仮想環境で、GPUアクセラレーター、NVMeドライブに高速で接続でき、PCIe RAID コントローラーの典型的なボトルネックなしで、統合ディスク・コントローラーを使用してスピニング・ディスクにアクセスすることができます。
通常、従来型の CPU でリソースの不均衡を克服するためには、2 ソケット・サーバーに拡張する必要があります。AMD EPYC™ なら、1 ソケット・サーバーで作業負荷のニーズのほとんどを満たせるため、密度を高め、資本、電力、冷却コストを削減できます。

Intelプロセッサー
AMDプロセッサー