AI/CAD/CAE/HPC ハイパフォーマンスコンピューティング(高性能計算)ならアプライド

現在位置:

Be-Clia for Linux Type-Le9 

旧規格スロット・ポート搭載 Linux デスクトップ(ミドル・タワー型筐体) 

最短 10 営業日~出荷1 年間センドバック方式ハードウェア保証

旧規格スロット・ポート搭載 Linux デスクトップ(ミドル・タワー型筐体)

オペレーティング・システム Ubuntu 18.04 LTS
プロセッサー インテル® Core™ i3-9100 プロセッサー
メモリー 8GB (4GBx2)
ストレージ 250GB SSD
光学ドライブ DVD スーパーマルチ
カードリーダー 主要メディア対応
ネットワーク ギガビット
グラフィック インテル® UHD 630 グラフィック
電源ユニット 650W 80 Plus Silver 認証

オンライン販売価格106,000(税別)
Feature of ProductBe-Clia for Linux シリーズ Type-Le8 製品特徴

「APPLIED Be-Clia foro Linux Type-Le9」は、Linux 搭載のデスクトップ・パソコンです。 Linux OS を安定してご利用いただけるように、ディストリビューションごとに動作を検証しています。 Linux OS は、ディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作検証が不可欠です。 また、開発環境のインストールを代行した場合には、サンプルのビルド・実行による動作も確認しています。

パソコンを構成する部材は信頼性の高い部材のみを採用し、国内(福岡市)の自社工場で企画・製造し、12 時間の品質・動作・エージング検査済みです。標準で 1 年間のセンドバック方式ハードウェア保証、有償オプションで免責無しの延長保証「W3/W5 延長保証サービス」やストレージ交渉に対応する「データ復旧サービスパック」などもご選択いただけます。

おすすめポイント

Linux OS 動作検証済

Linux OS
動作検証済み

インテル® Core™ i プロセッサー

インテル® Core™ i
プロセッサー

最大 128GB メモリ 2 チャンネル駆動

最大 128GB メモリ
2 チャンネル駆動

高速ストレージ SSD (SATA)

高速ストレージ
SSD (SATA)

最大 5 基 SSD / HDD

最大 5 基
SSD / HDD

最大 3 画面出力

最大 3 画面
出力

RAID 機能

RAID
機能

USB 3.1 Type-A 1 ポート

USB 3.1
Type-A 1 ポート

国内自社工場(福岡市)で熟練エンジニアによる生産

BTO パソコン・HPC 製品を構成する部材は、自社品質基準をクリアしたものだけを採用しています。高い性能と耐久性を求められる HPC 製品はもちろんのこと、一般事務などで利用される BTO パソコンについても、安心してご利用いただけるように、部材採用選定から製造まで、一貫して品質向上に努めています。また、部材供給メーカーや国内正規代理店とも、定期的な品質ミーティングを行っています。

業界屈指の診断ツール「QuickTechProfessional」による品質検査

国内自社工場(福岡市)で生産される BTO パソコン・HPC 製品は、業界標準検査の「QuickTech Professional」による診断を行っています。プロセッサー、メモリー、ストレージ などのコンピューターを構成する各部材に対し、実際に稼動している時と同じ状態を再現して負荷検査を行います。

それぞれの部材に対し、個別の強力な診断プログラムが用意されています。 (※ 例えば、メモリの診断では定評あるメモリ診断アルゴリズム「Jump」をはじめ、6 種類の診断アルゴリズムを駆使してエラーを検出します。)

こうして、ソフトウェア的に負荷をかけることにより、従来の診断ツールでは発見できなかったエラーの検出も可能になりました。この「QuickTech Professional」で診断された結果を「診断書」として製品に添付いたします。これが、「品質合格の証」です。

確かな信頼性と豊富なカスタマイズから選べる Be-Clia シリーズ

アプライド「Be-Clia(ビー・クライア)」シリーズは、法人様向けのビジネス・スタンダード・パソコンです。一般事務用途から、画像・動画編集、CAD などのグラフィック性能を必要とする用途まで、豊富なカスタマイズをご用意しています。また、WEB 上ではカスタマイズできない特別仕様については、メールやお電話でのお問い合わせで対応させて頂きます。

第 8 世代 Intel® コア・プロセッサ搭載でビジネスを加速
第 9 世代 Intel® コア・プロセッサ搭載でさらなるマルチスレッド対応
幅広いニーズに合わせた、豊富なカスタマイズに対応
使いやすさを追求した、前面 USB3.0 ポートを標準搭載
作業環境を劇的に改善する、3 画面モニタ出力に標準対応

全機種国内製造の高品質・安心モデル
グラフィック、Quadro® & GeForce® を選択可能
シャープなレスポンスを提供、全モデル SSD 標準装備
最短で 2~3 営業日で工場出荷に対応
有償オプション:免責不要延長保証 W3/W5 延長保証

Ubuntu 18.xx LTS / CentOS 7.x 動作検証済み

オペレーティング・システムには、Linux (Ubuntu/CentOS/Redhat) に対応しています。 Linux は各ディストリビューションやバージョンごとに動作検証を行っていますので、製品到着後に安心してご利用いただけます。本シリーズの対応ディストリビューションやバージョン 以外の OS についても、有償で動作検証を行ってご提供することもできます。弊社では、ハードウェアの安定動作のみならず、Linux OS や 開発環境の動作を代行して、高品質・安定動作する HPC 専用ワークステーションをご提供しています。

「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したフリーのLinuxディストリビューションです。本シリーズでは、CentOS 7.x に対応しています。(6.x は非対応となります。)

Debian GNU/Linux をベースに開発されたフリーの Linux ディストリビューションです。科学技術計算分野のソフトウェアやライブラリが豊富で、Deep Learning 分野でも利用されており、Ubuntu 18.xx に対応しています。

レッドハット社が提供する信頼性の高い有償の Linux OS です。また、有償サブスクリプション契約で、製品保証やサポート・サービスを受けることができます。

マイクロソフト社の有償 OS である Windows® 10 Pro / Home 64bit に対応しています。また、サーバー用途向けのWindows® Server には非対応となります。

Linux OS は、ディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。 「Be-Clia for Linux シリーズ」では、安定してご利用いただけるように、全機種動作確認済みです。 また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。 通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

1)プロセッサー・コアの認識、命令のサポート確認
2)大容量メモリーの認識、動作確認
3)USB 3.0 の動作確認
4)LAN ドライバーの確認、ネットワークテスト
5)RAID ドライバーの確認、管理ユーティリティーによる動作確認
6)グラフィックドライバーの動作、インストール

システム環境復元 USB メディア

USB スティックタイプのリカバリ・ディスクを作成してお届けしますので、万が一のトラブル時も安心です。わずか数回のクリックでパソコンを工場出荷時状態まで戻すことができますので、ソフト的な障害や再インストール作業がご不安な方や面倒な方にお勧めです。特に Linux の再インストールが苦手な方には特にお薦めです。

レガシーポート・パラレルポート、PCI バススロットを標準搭載

シリアル (COM) ポートとパラレルポートを各1ポート、PCI バススロットを 1 スロット搭載しており、お手元で長くお使いいただいているお客様の周辺機器や旧規格のPCIボードなどをご利用いただけます。

※ 実際の接続には、Linux OS に対応したデバイスドライバやソフトウェアが必要となります。

第 9 世代 インテル® Core™ i プロセッサー (Coffee Lake - Refresh)

新しい第 9 世代 インテル® Core™ プロセッサーは、前世代からコア数増加・マルチタスク最適化・内蔵グラフィック強化などが改良されている点が特徴です。最高峰の i9 プロセッサーで、最大 5.0GHz のシングル・コアでのターボ周波数や最大 16MB のインテルスマートキャッシュを備えています。

複数のアプリケーションを利用するビジネス環境はもちろんのこと、画像作成や動画処理をするマルチメディア環境、大学・研究機関での簡易数値計算などの処理など、従来環境で処理速度にご不満だったユーザー様にご満足いただける性能が備わっています。

最大 128GB / 2 チャンネル 構成に対応した 高品質メモリー

最新の DDR4 メモリーで、最大 2,666MT/s の高速化に対応しています。また、4 スロットを利用して、最大で 128GB メモリーを実装できます。(プロセッサー仕様に依存します)

2 スロット以上を利用することで、最大 2 チャンネルのメモリ帯域が利用でき、通信速度が向上します。

H370 チップセット搭載マザーボード

第 9 世代および第 8 世代 インテル® Core™ プロセッサーに対応した H370 チップセット搭載マザーボードを採用しています。

M.2 スロットが実装されているので、データ転送速度を最大 32Gb/s まで押し上げる SATA3 6Gb/s および PCIe Gen3 x4 Ultra M.2 インターフェースに対応します。また、世界最速の U.2 PCIe Gen3 x4 SSD を取り付けることができます。

また、高性能と応答性を再定義する Intel® Optane™ メモリテクノロジーと Intel® Optane™ ストレージテクノロジーに対応します。

このマザーボードには、次世代ハイブリッド設計が採用されています。精確な制御を実現し、安定した電源を供給します。また、CPU に効率的かつ安定した電力を供給することで、マザーボードの安定性を大幅に向上させて寿命を延ばします。

高速パフォーマンスと信頼性を兼ね備えた SSD

SSDのパフォーマンス強化により、Webの閲覧、ゲームプレイ、システムの起動をすばやく簡単に実行でき、高速パフォーマンスと信頼性により、パソコンの日常的なコンピューティング・エクスペリエンスが向上します。

軽量で耐衝撃性に優れた SSDは、可動部品を使用していないので、不慮の衝撃や落下からデータを保護できます。

最大 3 画面出力に対応

複数のアプリケーションを同時に利用したり、WEB ページから情報を集めながら Power Point で資料を作成する場合など、複数のモニタを利用すれば作業効率が飛躍的に向上します。

アプライド「Be-Clia(ビー・クライア)」シリーズでは、標準仕様で 3 画面出力に対応しており、特別なカスタマイズは必要ありません。

高効率 80 Plus Silver 認証電源

コンピューターやサーバーの電源が 20% ~ 100% の負荷環境下において、電源交換効率 80% 以上がスタンダードという基準に対して、80 Plus Silver は、85% 以上 (20% 負荷時)、88% 以上 (50% 負荷時)、85% 以上 (100% 負荷時) の効率性を発揮する電源ユニットを標準採用しています。

電力変換効率の向上した電源ユニットは、発熱の減少によって冷却ファンの回転数の低下による静音化や電子部品の劣化低減が可能になり、コンピュータの快適性や省電力性の向上と同時に製品寿命も伸びます。

Standard specification標準仕様
モデル名 APPLIED Be-Clia for Linux Type-Le8
外形寸法 約 (W)200 x (D)460 x (H)430 mm
※突起部は除く
オペレーティング
システム
標準 Ubuntu 18.04 LTS
対応 Ubuntu 18.04 LTS
CentOS 7.x
Redhat Linux
Windows® 10 Pro / Home 64bit
電源ユニット 定格出力 650W
ユニット数 1 基
仕様 80 Plus Silver 認証
チップ・セット 名称 インテル® H370 チップセット
PCI Express
最大レーン数
20 レーン
セキュリティ・チップ 非搭載
プロセッサー 名称 インテル® Core™ i3-9100 プロセッサー
プロセッサー数 1 基
動作周波数 3.6GHz | Max4.2GHz
コア数 4 コア | 4 スレッド
L3 キャッシュ 6MB
PCI Express
最大レーン数
16 レーン
その他 Coffee Lake
プロセッサー・ファン インテル® 純正プロセッサー・ファン
メモリー 標準 8GB (4GBx2)
最大容量 128GB
スロット数 4 スロット (空き:2 スロット)
仕様 DDR4-2666 | Non-ECC | Un-Buffered
チャンネル数 2 チャンネル | 最大 2 チャンネル
ストレージ 容量 250GB
規格 SATA3 | SSD | 耐久仕様
読み出し
(シーケンシャル)
550MB/s
書き込み
(シーケンシャル)
525MB/s
TBW
(総書込みバイト量)
非公開
MTBF
(平均故障間隔)
100 万時間
対応 RAID 機能 (SATA) RAID 0, RAID 1, RAID 5, and RAID 10
※マザーボードの搭載機能です。
※OS により対応状況が異なります。
光学ドライブ DVD スーパーマルチ
カードリーダー 主要メディア対応
グラフィック 名称 インテル® UHD 630 グラフィック
メモリー Based on CPU
ポート HDMI:1 ポート | DVI-D:1 ポート | D-sub:1 ポート
最大画面出力 最大 3 画面出力
サウンド 仕様 Realtek® ALC 887 High Definition Audio Codecs
チャンネル 7.1ch
ネットワーク 名称 インテル® GbE LAN chip
インターフェイス 1000BASE-T | 100BASE-TX
ポート数 1 ポート
各種ポート USB USB3.1 Gen2 Type-A:1 ポート (前:0 ポート | 背:1 ポート)
USB3.1 Gen1 Type-A:4 ポート (前:0 ポート | 背:4 ポート)
USB3.1 Gen1 Type-C:1 ポート (前:0 ポート | 背:1 ポート)
USB3.0:1 ポート (前:1 ポート | 背:0 ポート)
USB2.0:4 ポート (前:2 ポート | 背:2 ポート)
その他 PS/2:1 ポート
RS-232C:1 ポート (背面)
LPT:1 ポート (背面)
拡張ソケット 1 x M.2 connector (Socket 3, M key, type 2242/2260/2280/22110 PCIe x4/x2 SSD support) (M2M_32G)
1 x M.2 connector (Socket 3, M key, type 2242/2260/2280 SATA and PCIe x2 SSD support) (M2P_16G)
※ M2_2 が SATA タイプ M.2 デバイスで使用されている場合は、SATA3_0 は無効になります。
※ Intel® Optane™ Memory Ready
拡張スロット 1 x PCI Express x16 slot, running at x16 (PCIEX16)
※ For optimum performance, if only one PCI Express graphics card is to be installed, be sure to install it in the PCIEX16 slot.
1 x PCI Express x16 slot, running at x4 (PCIEX4)
4 x PCI Express x1 slot
※ All of the PCI Express slots conform to PCI Express 3.0 standard.
1 x PCI slot
1 x M.2 Socket 1 connector for an Intel® CNVi wireless module only (CNVI)
ドライブ・ベイ 5 インチ:4 ベイ (空き:3 ベイ)
3.5 インチ・シャドウ:1 ベイ (空き:1 ベイ)
2.5 インチ・シャドウ:5 ベイ (空き:0 ベイ)
入力機器 キーボード スタンダード・キーボード ※USB 接続
マウス オプティカル・マウス ※USB 接続
保証 期間 1 年間
方式 センドバック方式ハードウェア保証