「AI日常化挑戦する会社」

 

 
アプライドでは見積もりの段階からお客様の最適な一台になるように、熟練エンジニアが生産、出荷まで一貫して行っています。
セル生産方式を採用し、熟練スタッフが一台一台丁寧に組み立て、配線を行います。
構成する一つ一つの部品においても、徹底してこだわっています。耐久性、信頼性、スペックが、社内品質に合格したものだけを採用し、製品性能をフルに発揮できるように日々の検証を行っています。
また、弊社の製品検査は、負荷テスト、耐久テスト、エージングテスト、温度検査、各種ポート入出力検査の80項目以上の検査項目をクリアした製品のみ出荷しています。
その為、ご注文をいただいてからご納品まで、一定のお時間を戴きます。
 

 
 
 
アプライドのワークステーションが出来るまで
~発注から納品までの流れ~
 
STEP1,STEP2 ご注文・部材発注
 
アプライドでは自社品質基準による部材品質へのこだわりを持っており、 オリジナル BTO パソコン・HPC 製品に使用する部材は、自社品質基準をクリアしたものだけを採用しています。
また、部材供給メーカーや国内正規代理店とも定期的な品質ミーティングを行い、安定した製品のご提供はもちろんのこと、継続的な品質向上に努めています。
そのため、部材をアメリカや台湾などの海外より直接取り寄せる場合があり、部材到着までお時間がかかる場合があります。
STEP3 生産
 

セル生産方式を採用し、熟練スタッフが一台一台丁寧に組み立て、配線を行います。
製品の性能をフルに発揮できるようにこだわっています。
外観はもちろん性能を損なわない内部の細かい配線やエアフロー、レイアウトなど多岐にわたります。
配線のケーブル1本にもこだわっています。
STEP4 検査
 
プロセッサー、メモリー、ストレージなどのコンピューターを構成する各部材に対して、実際に稼動している時と同じ状態を再現した負荷検査を実施します。
例えば、メモリの診断では、この分野では定評あるメモリ診断アルゴリズム「Jump」をはじめ、数種類の診断アルゴリズムを駆使してエラーを検出します。こうして、ソフトウェア的に負荷をかけることにより、従来の診断ツールでは発見できなかったエラーの検出も可能になりました。
弊社の製品検査は、負荷テスト、耐久テスト、エージングテスト、温度検査、各種ポート入出力検査80項目以上の検査項目をクリアした製品のみ出荷しています。
そのため、高性能な構成のコンピュータの場合、検査に1週間以上掛かるものもあります。
STEP5 出荷・納品
 

80項目以上の検査項目をクリアした製品のみを出荷します。
最終工程として細心の注意をはらって行います。
この作りこみが最大限のパフォーマンスの発揮、耐久性の向上に繋がり満足ができる性能につながります。
製品を自信をもってお届けできるのは1つ1つのこだわりを持っているからこそとなっています。
安心して長く使用できるよう、弊社エンジニアが生産、出荷まで一貫して行っております。
 
 
 
アプライド製品は、お客様に満足してご利用いただけるよう、自社品質基準をクリアした部材のみを採用し、企画から製造までを自社工場(福岡市)で一貫して行っています。
拘りを持ち、1台1台生産していますので、製品に適した納期をいただいています。

特に、年度末までのご納品については、多くのご需要があり、込み合うことが想定されますので、お早めにご相談を戴けますと幸甚です。
今後もご要望に沿った満足していただける製品をお届けできるように、日々取り組んでまいります。
 

HPC&BTOサイト お見積りからご注文までの流れ

HPC製品 ご購入前相談窓口