「AI日常化挑戦する会社」

働き方改革の解決策の手段の一つが「Synchroid」

 

ロボットによる業務の自動化はRPAで

RPA=Robotic Process Automationの略で

パソコン上の操作を記録して人の代わりに作業するソフトウェア型のロボットです。

ロボットと呼ばれていますがExcel とか PowerPoint 同様にパソコンの中で動くソフトウェアです。

日常的に繰り返される業務をロボットに代行させることが可能です。

「Synchroid」は人の手で行っていた作業をロボットが変わりに作業して負担を減らします

RPAは人が行ってきたキーボード・マウス操作をロボットが完璧に覚えられます。

人の代わりに作業するソフトウェア型のロボットです。

やれることは経理、財務、総務、人事、営業事務など幅広く活用可能です。

また、シンクロイドで事務作業をソフトウェアロボットが代行するため、コスト削減・品質向上・業務スピード向上を図ることが可能です。

RPAで実用的なイノベーションを

例えば、電車運賃検索して処理するロボットを簡単に開発できます。

他にも、社内セキュリティカード管理業務、残業日報メール作成・配信、備品発注業務や

勤怠シフトの自動設定などその他にも多数の業務を現場でRPAを活用して自動化することが可能です。

単純な労働はRPAに任せてその空いた時間で新たな利益を創出することが可能となります。

ユーザに優しい開発インターフェース

ノンプログラミングで構築可能でロボットを手軽に開発が可能です。

色々なソフトを使えるので汎用性が高くExcel、CSVファイル、PDF、IE,Chrome,社内システムも対応してます。

既存システムの変更も不要でシステム連携のハードルが低いのも特徴です。

アプライドではすべてお任せいただけるトータルパッケージをご用意しております

サーバ不要でスモールスタートでき、サーバを自社で構築しないスモールスタートも実現可能です。

また、RPA開発の中で直面するお悩みもご相談ください。

企業様の環境や業務に依存する開発、運用のお問い合わせを多くいただいております。

ライセンス体系

サブスクリプションタイプの料金体系で、「SynchRoid」でロボット開発したり、そのロボットを実行するには、利用されている間は、毎年費用が発生します。

「SychRoid」は、所有するライセンス数に関係なく、ソフトウェア自体は複数のパソコンにインストールすることができます。

ライセンスは、ロボットの「開発」や「実行」を同時に行う数、つまり、同時実行数という考え方でライセンスを決める体系になっています。

ロボットの作成数にも制限がなく、時間をずらして利用すれば、1ライセンスでも、複数のパソコンでロボットを開発したり、実行することが可能です。

アプライドからのトータル提案

導入例

アプライドではトータル提案することが可能です。ご気軽にご相談ください。