「AI日常化挑戦する会社」

RPA


ソフトウェア・ロボットによる業務効率化と生産性向上

 

 PCで行っている日頃の作業を、人間に代わってソフトウェア・ロボットが実行し、自動化するのが“RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)”です。定型化された作業を、AIや機械学習などの認知学習を通して自動実行するRPAは、主に財務経理における帳簿の入力や管理、総務人事における勤怠管理、営業業務における定型フォームへの入力作業などに適しています。

 従来人間が行っていた業務をRPAが行うことにより、ヒューマンエラーや不正の防止、スタッフの定型業務に対する作業時間の軽減が図れるため、業務品質や効率の向上、そしてそこからの生産性の向上を見込むことができます。

SynchRoid
プログラミングなしで手軽に開発
日常業務を自動化できるソフトウェア型のロボット

PC上の操作を記録し、SynchRoidにその手順を覚えさせることで以降の自動実行が可能。優しいユーザーインターフェイスと、プログラミングなしで開発できるため、事務作業の担当者でもRPAによる業務自動化が手軽にでき、業務効率の改善や生産性の向上が図れます。