「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

リモートサービス(遠隔支援)導入なら

 

PCのリモート操作ソフトを使ったサービスのご提案です

今まで現地に足を運んでPC操作を伴う作業を行っている方はこの機会にリモートに置き換えてみませんか

 

 

リモートサービス(遠隔支援)とは

パソコンや周辺機器・ソフトウェアなどに関するお困りごとを電話オペレーターが画面を見ながら遠隔操作で解決します。

あらかじめソフトを社内PC(サポートセンター)とお客様PCにインストールし、社内PCからお客様PCへ安全かつ迅速に接続し、 操作することが可能です。

導入事例

・税理士法人様の場合

導入前

会計ソフトの入力や勘定科目の理解など、決算納税業務に対して、疑問点、問題点が多く存在していたり、さらに、昨年はWindows7のサポート終了に伴うPCの買い替えがあったり、消費増税対応など、業務がだんだんと複雑化しているのが現状です。 一方、税理士法人様では、そのような顧客先となる企業に対し、電話応対や訪問指導・代行作成などの急ぎの対応が、集中し対応に追われる日々でした。

導入後

困ったことがあれば、会社のPCからお客様PCに遠隔でお客様PCをリモートで動かし遠隔でお困りごとを解決ができる為、わざわざ現場に出向く必要が無くなりました。

しかも最近のリモートソフトは非常に簡単に接続が可能で、それぞれのPCがインターネットに繋がっていれば、お互いのPCでリモートソフトを起動させるだけです。
あとは、接続する側のPCで簡単な接続操作をすれば、相手先のPCとの画面共有・ファイル転送・リモートデスクトップなどが可能です。
予めリモートソフトをお互いのPCに常駐させておけば、社内のPCから顧客先のPCへ安全かつ迅速に接続でき、操作することが可能です。

以前まで時間がかかってしまう電話だけでの応対や往復の移動時間が惜しい訪問指導や代行作成、これらをリモートサービスの導入によってよりスマートに行うことによって、人数や時間的制約の問題も解決に導くことが可能になります。

電話で説明されても操作が難しい、税理士法人様としても電話での説明が難しいといったこともあるかと思いますが、電話でお話ししながら実際の画面を遠隔で共有して操作方法や使い方を説明したり、時には実際の入力作業を行なったりすることによって、短時間に、よりスムーズな対応を行なうことが可能になりました。

導入するメリット

メリット1

スタッフの方の訪問・電話応対の時間を軽減!

対応や処理に時間がかかるという問題点を、リモートサービスの導入によって訪問したり電話対応したりする時間を軽減できるため、短時間に複数の企業の処理を行なうことが可能です。
移動が必要ないので、例えばこれまでには難しかった遠隔地の顧客対応といったことが可能となったり、また同じ時間でより多くの対応ができるので若手スタッフの成長も早くなるといったことも期待できます。

メリット2

顧客先の不安を解消でき、きめ細かな対応ができます!

パソコンの操作などに慣れていない方の会計・納税業務の作業は不安が多く、また、電話だけでは応対する側にとっては問題の把握が難しく、お客様も不安に感じてしまいます。 リモートサービスにより、操作をナビゲートすることにより、そのような不安を一掃し、解釈や専門用語の問題をクリアでき、顧客満足につながります。

メリット3

報酬向上に役立ちます

リモートサービスを提供することによっての、他の企業との差別化や、このサービスを顧客先企業様に有料のサービスとして提供することによって、顧客報酬の向上にもつなげられます。

リモートサービス導入イメージ(税理士様の例)

アプライドがご提供するリモートサービスの導入イメージです。

税理士法人様は顧客の会計・納税に関する業務をリモートでサポートし、パソコンの不具合等が万が一出てもアプライドがリモートにてサポートさせて頂きます。

リモートサービス導入費用

今日の業務においては、PCを使うことがほとんどです。 顧客先様へのシステム導入などに際し、ハード面へのサポートに不安がございましたら、アプライドまでご相談ください。