「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

AI検査


AIを使った品質検査の導入支援

 

精度が要される製品検査において、AIを導入することで、スピードはもちろん、信頼性の向上などにより、導入工数や検査時間を大幅に削減することが可能になりました。

 人間の目視と同様レベルまで実現することができる識別精度や、データの学習による品質向上を可能にするソリューションを紹介いたします。

AI外観検査
AIを使ったチェックで、
導入や人員工数を大幅に削減

 品質確保や形状、寸法や傷といったチェックを行う外観検査は、欠陥や不具合の事象にばらつきが多く、人間の目で行う目視での検査がこれまでの主流でした。これらの不具合の特徴の抽出を“異常データ”としてAIが選別を行う事によって、スピードはもちろん、信頼性の向上などにより、導入工数や検査時間を大幅に削減することが可能になりました。人間の目視と同様レベルまで実現することができる識別精度や、データの学習による品質向上を可能にするソリューションを紹介いたします。

AI画像分類
画像解析からの分類や検出など、
AIを利用した画像分類

 AIによる画像解析には、何が写っているか、全体として何なのかを解析する“分類”と、どこに何が写っているか、そしてその領域はどこかを解析する“検出”に大きく分けられます。被写体をAIに学習させることで、自動での画像判定が可能になり、これらを応用したのが、製品検査などにおける、製品の良・不良の判定や異物の判断、また監視カメラなどによる人間の判定です。アプライドでは、このAIによる画像分類を専門知識・準備不要で導入できるパッケージPCをご用意しています。