「AI日常化挑戦する会社」

遠隔支援


離れた場所からハードウェアをサポートするサービス

 

 離れた場所にあるPCを操作するために必要なソフトウェアやハードウェアを一括導入できるのが“遠隔支援”です。スマートグラスなどを通しての映像や、リモート操作のソフトウェアを通しての画面で確認することで、ハードウェアの設置箇所に実際に行くことなく、自分のオフィスでそのハードウェアを操作することができます。

 障害やトラブルの状況を目視で確認することができるため、電話だけの応対に比べ確認がスムーズ、また現場への往復に伴う時間や交通費の削減にも貢献します。

Renom
インターネットを利用した
現場における遠隔作業支援導入なら

PCのWEB会議システムと、スマートグラスを使用する遠隔支援サービスです。スマートグラスによる作業に必要な情報やマニュアルなどの表示、また現場映像の送信、またWEB会議システムによる映像の共有により、双方向での現場状況の確認を行うことができ、円滑かつ正確な支援が可能です。

MANUFACIA
ソフトウェアを利用した
リモートサービス(遠隔支援)導入なら

専用のソフトウェアをあらかじめ社内PC(サポートセンター)とお客様PCにインストールし、社内PCからお客様PCへ安全かつ迅速に接続し、 操作することが可能です。パソコンや周辺機器・ソフトウェアなどに関するお困りごとを電話オペレーターが画面を見ながら遠隔操作で解決します。