「AI日常化挑戦する会社」

保守サポートならアプライドへ

 

オンサイトハードウェア保守サービスは、弊社にてご購入いただいたワークステーション製品の保守作業を現地で行うサービスです。

通常のセンドバックサービスとは違い、エンジニアがお客様のところに伺って作業を行いますので弊社に製品をお送りいただくことなくハードウェアの修理作業をお受けいただけます。

アプライドでは万一の不具合時には技術者を派遣し、迅速に対応します。

 

 

オンサイトハードウェア保守サービスの流れ

オンサイトハードウェア保守をご依頼いただく際のフローイメージ

1.メールまたは電話で障害受付を行います

 

お問い合わせ専用メールアドレス、または専用電話番号まで障害内容をご連絡ください。

※お問い合わせの際には、対象機種のシリアル番号をご準備ください。

※受付時に受付IDを発行いたします。以降の対応はこのIDにて管理を行いますので、保守作業完了まで大切に保管ください。

2.ヒアリング&ログによる障害解析・原因特定を行います

 

発生した障害に対し、症状・状況の詳しいヒアリングやログの提供をいただきハードウェアとソフトウェアどちらの問題なのかを判断します。

ハードウェアの異常個所が特定された場合、原因パーツの交換品手配を行ないます。

※OSを含むソフトウェアに関する問題やお問い合わせについてはオンサイトハードウェア保守の対象外となります。

※故障パーツの種類によっては、パーツの手配にお時間をいただく場合がございます。

※ヒアリングによる異常個所の特定が難しい場合、通常のセンドバックによる保守対応とさせていただく場合がございます。

3.交換する部品をもって現地へ向かいます

 

交換用パーツの準備が整い次第、現地対応日程の調整を行ってから現地にお伺いします。

最短で翌営業日以降、保守作業は平日営業時間帯に行わせていただきます。

※平日営業時間帯 9:00~17:30(土日祝日、年末年始、夏季休暇は除く)

オンサイトハードウェア保守サービス対象地域

 

日本全国、お客様の所へお伺いし現地にて修理対応いたします。

※沖縄県を除く離島は対象外となります。

オンサイトハードウェア保守サービス対象商品

タワー型・ラックマウント型を問わず、アプライドにて製造販売しているワークステーション/サーバー/GPGPU などのHPC製品で、本体ご購入時にオンサイトハードウェア保守サービスを契約された製品が対象となります。

オンサイトハードウェア保守サービス対象外作業

 

・製品導入時の機器運搬・設置や導入後の機器移転に関する作業

・これまで使っていた機器の引き取り・廃棄に関する作業

・OSを含むソフトウェアに関するお問い合わせ

・サービス契約後にお客様により増設されたハードウェアによる異常に関するお問い合わせ

・製品の不適切な使用や取り扱いにより生じた故障への対応

・天変地異などにより生じた故障への対応

・対象製品と同時に購入された物品(モニタや外付けHDDなど)の故障への対応

※保守サービスの詳細は、「アプライドHPC専用オンサイト保守規約」をご確認ください。

オンサイトハードウェア保守サービスの料金

オンサイトハードウェア保守サービス料金は、保守対象機器本体の税別販売価格帯に応じた5段階の料金を設定しています。

■オンサイトハードウェア保守価格

※価格はすべて税抜き

※契約開始後のサービス期間延長は対応しておりません。

オンサイトハードウェア保守サービス契約満了後の製品保証について

オンサイトハードウェア保守サービス契約の満了後、対象機器にセンドバック保証期間が残っている場合、 引き続き製品保証期間終了まで通常のセットバック保証での対応となります。