「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

AI画像分類


画像解析からの分類や検出など、AIを利用した画像分類

 

 AIによる画像解析には、何が写っているか、全体として何なのかを解析する“分類”と、どこに何が写っているか、そしてその領域はどこかを解析する“検出”に大きく分けられます。被写体をAIに学習させることで、自動での画像判定が可能になり、これらを応用したのが、製品検査などにおける、製品の良・不良の判定や異物の判断、また監視カメラなどによる人間の判定です。

 アプライドでは、このAIによる画像分類を専門知識・準備不要で導入できるパッケージPCをご用意しています。

A eye BOX
専門知識・準備不要で導入可能
画像分類・物体検出オリジナルPC

届いたその日から簡単にディープラーニング技術を用いた画像分類・物体検出を行うために必要な、学習からモデル作成、推論実行の一連の処理を実行できるアプライドオリジナルパッケージPC。AI エンジニアでなくてもAI( ディープラーニング) 開発にチャレンジできます。