AI/CAD/CAE/HPC ハイパフォーマンスコンピューティング(高性能計算)ならアプライド

現在位置:

  

Be-Clia for Linux

「APPLIED Be-Clia for Linux シリーズ」は、
CentOS / Ubuntu などの Linux OS の動作検証済みのデスクトップ・パソコンです。

Feature of seriesBe-Clia for Linux シリーズの特徴

Linux OS のディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。 特に、グラフィックやネットワークのドライバなど、ハードウェアによって問題が起きやすいため、弊社では様々な検証項目をクリアした製品だけを「動作検証済み」としてご提供しています。

「Be-Clia for Linux シリーズ」では、Linux の再インストールが苦手な方でも、わずか数回のクリック でパソコンを工場出荷時状態まで戻すことが出来る USB リカバリディスクを作成してお届けします。

また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。 通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

Three features3つの特徴

01

Linux OS
動作検証済

02

USB メモリ
リカバリ・ディスク

03

第 9 世代 インテル®
Core™ プロセッサー

01Linux OS 動作検証済

Ubuntu 18.04 LTS / CentOS 7.x 動作検証済み

オペレーティング・システムは、Linux (Ubuntu/CentOS/Redhat) に対応しています。 Linux は各ディストリビューションやバージョンごとに動作検証を行っていますので、製品到着後に安心してご利用いただけます。

本シリーズの対応ディストリビューションやバージョン 以外の OS についても、有償で動作検証を行ってご提供することもできます。 弊社では、ハードウェアの安定動作のみならず、Linux OS や 開発環境の動作を代行して、高品質・安定動作する HPC 専用ワークステーションをご提供しています。

「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したフリーの Linux ディストリビューションです。 CentOS 7.x に対応しています。(6.x は非対応となります。)

Debian GNU/Linux をベースに開発されたフリーの Linux ディストリビューションです。 科学技術計算分野のソフトウェアやライブラリが豊富で、Deep Learning 分野でも利用されており、Ubuntu 18.xx に対応しています。

レッドハット社が提供する信頼性の高い有償のLinux OSです。 また、有償サブスクリプション契約で、製品保証やサポート・サービスを受けることができます。

マイクロソフト社の有償 OS である Windows® 10 Pro / Home 64bit に対応しています。(サーバー用途向けのWindows® Server には非対応となります。)

Linux OS は、ディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。 「Be-Clia for Linux シリーズ」では、安心してご利用いただけるように、全機種動作確認済みです。
また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。 通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

1)プロセッサー・コアの認識、命令のサポート確認
2)大容量メモリーの認識、動作確認
3)USB 3.0 の動作確認
4)LAN ドライバーの確認、ネットワークテスト
5)RAID ドライバーの確認、管理ユーティリティーによる動作確認
6)グラフィックドライバーの動作、インストール

02USB メモリ リカバリ・ディスク

システム環境復元 USB メディア

USB ステックタイプのリカバリメディアを作成してお届けします。 これがあると万が一のトラブル時も安心です。 わずか数回のクリック でパソコンを工場出荷時状態まで戻すことが出来ますので、ソフト的な障害や再インストール作業がご不安な方や面倒な方にお勧めです。 特に Linux の再インストールが苦手な方には特にお薦めです。

03インテル® プロセッサー

第 9 世代 インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Core™ X プロセッサーを搭載

新しい第 9 世代 インテル® Core™ プロセッサーは、前世代からコア数増加・マルチタスク最適化・内蔵グラフィック強化などが改良されている点が特徴です。 特にアンロック対応を表す「K」ナンバーは、最高峰の i9 プロセッサーで、最大 5.0GHz のシングル・コアでのターボ周波数や最大 16MB のインテルスマートキャッシュを備えています。

パフォーマンスをさらに高めたい場合は、確実なオーバークロックを可能にするソルダリング仕様サーマル・インターフェイス・マテリアル (STIM) などの新しい強化機能や、 向上したオーバークロックのカスタマイゼーションによってプロセッサー・パフォーマンスを微調整し、可能性を最大限に引き出すことができます。

複数のアプリケーションを利用するビジネス環境はもちろんのこと、画像作成や動画処理をするマルチメディア環境、大学・研究機関での簡易数値計算などの処理など、 従来環境で処理速度にご不満だったユーザー様にご満足いただける性能が備わっています。

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサーは、8 コアから 18 コアまでの選択肢を提供することで、設計上、ニーズに合わせたパフォーマンス調整を可能にしています。 究極のパフォーマンスを発揮して、インテルの最新テクノロジーの利点を提供し、将来のニーズにも余裕で対応します。

このプラットフォームに搭載されたインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、プロセッサーの 2 つの最速コアを特定し、 最も重要なワークロードをその 2 つに割り当てることで、軽量スレッドのパフォーマンスを最適化します。

また、インテル® Optane™ メモリーやインテル® Optane™ SSD をすぐに取り付けられるため、驚くほど高いシステム応答性を発揮できるようになります。 4K ビジュアル対応、4 チャネル DDR4 2666 メモリー、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (Intel® AVX-512)。などの特長をすべています。

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサーは、i7 / i9 のラインナップで構成されています。 最上位の i9では 3.0GHz/tb4.4GHz で最大 18 コア / 36 スレッドで、PCIe 44 レーンをサポート、最大 128GB の DDR4-2666 に対応します。 高度な分析、シミュレーションとモデリング、人工知能に対応して最適なパフォーマンスを発揮します。

Item List製品一覧

Actual ListHPC 製品 導入実績一覧

  • 旭川大学
  • 北見工業大学
  • 北海道工業大学
  • 北海道大学
  • 青森大学
  • 仙台大学
  • 東北大学
  • 東北工業大学
  • 芝浦工業大学
  • 横浜国立大学
  • 千葉工業大学
  • 筑波大学
  • 東海大学
  • 首都大学東京
  • 上智大学
  • 東京工科大学
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 日本工業大学
  • 日本大学
  • 東京工業大学
  • 愛知工業大学
  • 愛知大学
  • 金沢工業大学
  • 金沢大学
  • 明治大学
  • 静岡理工科大学
  • 富山大学
  • 福井工業大学
  • 福井大学
  • 静岡大学
  • 名古屋工業大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 北陸先端科学技術
    大学院大学
  • 和歌山大学
  • 立命館大学
  • 大阪工業大学
  • 近畿大学
  • 奈良先端科学技術
    大学院大学
  • 岡山大学
  • 広島大学
  • 岡山理科大学
  • 広島工業大学
  • 関西学院大学
  • 香川大学
  • 愛媛大学
  • 高知大学
  • 高知工科大学
  • 九州大学
  • 九州工業大学
  • 佐賀大学
  • 熊本大学
  • 大分大学
  • 宮崎大学
  • 鹿児島大学
  • 久留米工業大学
  • 福岡大学
  • 福岡工業大学