「AI日常化挑戦する会社」

現在位置:

  

Be-Clia for Linux

「APPLIED Be-Clia for Linux シリーズ」は、CentOS / Ubuntu などの
Linux OS の動作検証済みのデスクトップ・パソコンです。

Feature of seriesBe-Clia for Linux シリーズの特徴

Linux OS のディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。 特に、グラフィックやネットワークのドライバなど、ハードウェアによって問題が起きやすいため、弊社では様々な検証項目をクリアした製品だけを「動作検証済み」としてご提供しています。

「Be-Clia for Linux シリーズ」では、Linux の再インストールが苦手な方でも、わずか数回のクリック でパソコンを工場出荷時状態まで戻すことが出来る USB リカバリディスクを作成してお届けします。

また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。 通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

Three features3つの特徴

01

Linux OS
動作検証済

02

USB メモリ
リカバリ・ディスク

03

第 10 世代 インテル®
Core™ プロセッサー

01Linux OS 動作検証済

Ubuntu 18.04 LTS / CentOS 8.x / 7.x 動作検証済み

本シリーズの対応ディストリビューションやバージョン 以外の OS についても、有償で動作検証を行ってご提供することもできます。弊社では、ハードウェアの安定動作のみならず、Linux OS や 開発環境の動作を代行して、高品質・安定動作する HPC 専用ワークステーションをご提供しています。

Linux OS は、ディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。「Be-Clia for Linux シリーズ」では、安定してご利用いただけるように、全機種動作確認済みです。また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。
また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。 通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

1)プロセッサー・コアの認識、命令のサポート確認
2)大容量メモリーの認識、動作確認
3)USB 3.0 の動作確認
4)LAN ドライバーの確認、ネットワークテスト
5)RAID ドライバーの確認、管理ユーティリティーによる動作確認
6)グラフィックドライバーの動作、インストール

02USB メモリ リカバリ・ディスク

システム環境復元 USB メディア

USB スティックタイプのリカバリ・ディスクを作成してお届けしますので、万が一のトラブル時も安心です。わずか数回のクリックでパソコンを工場出荷時状態まで戻すことができますので、ソフト的な障害や再インストール作業がご不安な方や面倒な方にお勧めです。特に Linux の再インストールが苦手な方には特にお薦めです

03第 10 世代 インテル® Core™ プロセッサー(Comet Lake)

第 10 世代 インテル® Core™ プロセッサー(Comet Lake)

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーにより、広範な人工知能(AI)技術を初めて PC で利用できるようになります。このプロセッサー・ファミリーは、約 2.5 倍高速化された AI パフォーマンス、約 2 倍のグラフィックス・パフォーマンス、インテル® Wi-Fi 6(Gig+)による約 3 倍高速なワイヤレス速度、Thunderbolt™ 3 テクノロジーによる高速で汎用性の高いポートを搭載し、現在だけでなく将来の PC 体験にも新たなレベルのインテグレーションをもたらします。

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、10コア/20スレッドに対応した Core™ i9 プロセッサーのほか、前世代の Core™ i7/i5/i3 プロセッサーでは非対応であった Hyper Threading に対応しています。また、DDR4-2933 メモリへの対応のほか、Turbo Boost MAX Technology 3.0 への対応、Thermal Velocity Boost により、最大で 5.3GHz まで動作クロックが向上しています。

Item List製品一覧

Actual ListHPC 製品 導入実績一覧

  • 旭川大学
  • 北見工業大学
  • 北海道工業大学
  • 北海道大学
  • 青森大学
  • 仙台大学
  • 東北大学
  • 東北工業大学
  • 芝浦工業大学
  • 横浜国立大学
  • 千葉工業大学
  • 筑波大学
  • 東海大学
  • 首都大学東京
  • 上智大学
  • 東京工科大学
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 日本工業大学
  • 日本大学
  • 東京工業大学
  • 愛知工業大学
  • 愛知大学
  • 金沢工業大学
  • 金沢大学
  • 明治大学
  • 静岡理工科大学
  • 富山大学
  • 福井工業大学
  • 福井大学
  • 静岡大学
  • 名古屋工業大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 北陸先端科学技術
    大学院大学
  • 和歌山大学
  • 立命館大学
  • 大阪工業大学
  • 近畿大学
  • 奈良先端科学技術
    大学院大学
  • 岡山大学
  • 広島大学
  • 岡山理科大学
  • 広島工業大学
  • 関西学院大学
  • 香川大学
  • 愛媛大学
  • 高知大学
  • 高知工科大学
  • 九州大学
  • 九州工業大学
  • 佐賀大学
  • 熊本大学
  • 大分大学
  • 宮崎大学
  • 鹿児島大学
  • 久留米工業大学
  • 福岡大学
  • 福岡工業大学